横須賀版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

「水辺公園友の会」で会長を務める 別府 史朗さん 若宮台在住 72歳

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena

”癒しの園”守り続ける

 ○…光の丘水辺公園を拠点に2000年から活動する「水辺公園友の会」。団体設立時のメンバーで、会長に就いて12年、里山の再生・保存に尽力してきたことが、国土交通省から表彰された。「普段、脚光を浴びることのない我々の地道な努力が評価されて光栄」と白い歯をこぼす。

 ○…現在約80人のメンバーとともに、草刈りや外来生物の駆除のほか、ヤゴや蝶の標本制作など「市民の憩いの場となる公園」を目指して汗を流す。また、かつてこの地に多く生息した絶滅危惧種・トウキョウサンショウウオが姿を見せなくなったことに危機感を感じ、メンバーの手によって卵をふ化させ、森にかえす活動を続けるなど、動植物の再生にも力を入れる。「体力的にも厳しい作業だが、来園者の『懐かしい』『ほっとする』という声が原動力」

 ○…岡山県生まれ。大学卒業後、石油プラント会社に就職するため上京した。シンガポール政府が造成した島の上に建設する製油所の設計や研究開発といった大規模なプロジェクトに携わった。一方プライベートでは、尾瀬や八ヶ岳などでの登山に魅せられた。「自然の中に人工物を作ることが仕事だった反面、本当は豊かな緑を残したいという思いもあった」。結婚と都内からの転勤を機に市内へ移住。1999年、横須賀リサーチパーク(YRP)内にオープンした公園を訪れた際、団体会員募集の張り紙を見て、「自然に恩返しができれば」と入会した。

 ○…団体設立から20年が経ち、会員の高齢化に伴って後進育成が目下の課題。「まずは自然に親しんでもらおう」と、田植え体験やカエルの成長観察などのイベントも積極的に実施する。「私たちはもちろん、孫世代が大人になっても癒しの園を守ってもらえれば」

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter