横須賀版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

ドブ板通り商店街 路上営業開始へ準備 コロナ対策 規制緩和追い風に

経済

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
“オープンテラス営業”を計画しているドブ板通り
“オープンテラス営業”を計画しているドブ板通り

 ドブ板通り商店街振興組合は、国土交通省が発表した新型コロナウイルス感染予防対策に苦慮する飲食店などに対する公道使用許可基準の緩和の活用を模索。現在市や国、警察、町内会との調整を進めている。

 緊急事態宣言が解除された現在も、飲食店や物販店などは「密閉」「密集」「密接」のいわゆる”3密”を回避した新しい営業形態を求められている。しかし感染対策にはコストが掛かる上、顧客の来店に対する抵抗感が未だに払拭されない中、店舗経営は大きな岐路に立たされている。

 国交省が発表した道路使用基準の緩和により歩行者の安全面確保などを申請条件に、店先にテーブルや椅子を並べて営業が可能となる。感染拡大の影響で遠退いた客足を取り戻す狙いで、11月末までの暫定的な措置だ。

 市内ではドブ板通り商店街が実施に向け、いち早く調整を進めてきた。市道と国道沿いでの運用を目指して許可申請を続けており、現在町内会への趣旨説明も行っている。横須賀市は国が示した緩和基準に則り、柔軟に対応していく姿勢。同商店街の越川昌光理事長は「緩和が発表された6月から調整を続けてきた。特に飲食店からの要望は切実で、一刻も早く実現させたい」と話す。

 横須賀中央地区の商店街に加盟する若手経営者団体「ヨコスカダウンタウンクラブ」も公道使用に向けて動き始めた。陳寛明代表理事は「プレミアム商品券の利用を見込み、9月には間に合わせたい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

コロナ禍の「音楽家」支援

横須賀市

コロナ禍の「音楽家」支援 文化

配信ライブ、表現の灯消さない

8月14日号

テレワーク拠点化を推進

横須賀市

テレワーク拠点化を推進 経済

公共施設や空き家を活用

8月14日号

徘徊対策に無線活用

横須賀市

徘徊対策に無線活用 社会

官民連携で実証実験

8月7日号

コロナ影響、修学旅行中止

コロナ影響、修学旅行中止 教育

市立小全46校 中学19校で

8月7日号

「横須賀のオリンピアン」支援

Wサーフィン須長由季選手

「横須賀のオリンピアン」支援 スポーツ

市体協ネットで寄付募る

7月31日号

抗体保有率は1.04%

横須賀市

抗体保有率は1.04% 社会

市民約1千人が検査

7月31日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月7日~17日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三浦半島の文化を考える会

【講演会】

三浦半島の文化を考える会

パチンコ誕生、そのルーツ

9月5日~9月5日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク