横須賀版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

応援Tシャツで存続支援 コロナ禍にあって、窮地に立つ横須賀のライブハウス。Tシャツなどのグッズ販売が頼みの綱となっている

文化

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena

配信ライブにも活路ヤンガーザンイエスタディ

 大滝町のライブハウスレストラン「ヤンガーザンイエスタディ(YTY)」では、5月末の自粛要請解除後にステージを再開したが、観客は以前の3分の1に落ち込んでいる。経営的に厳しい状況が続いており、存続のために始めたのが応援Tシャツの販売。YTYのロゴの入ったオリジナルを作成した。このほかに配信ライブもスタートさせ、視聴者から”投げ銭”を受ける仕組みで少しでも収益を得る努力を続けている。

 マネージャーの塩見貴規さんは「ステージにはかつて映画館だった頃の名残で特大のスクリーンがある。映像と組み合わせた配信ライブも考えている」と力を込めた。Tシャツは1枚3500円。店頭またはホームページで販売。

ロックの灯を消さない横須賀かぼちゃ屋

 X JAPANのhideさんがステージに立っていたことで知られる「横須賀かぼちゃ屋」も新型コロナにお手上げの状態。3月後半にあったライブを最後に8月中ほどまで一度も行えなかった。先ごろ地元バンドが県の行動指針に従って探るように観客を入れて演奏したが、この先の予定が埋まる気配はなく、感染拡大の不安も拭えないという。

 収入源はバーの営業のみとなる中、支援者らがTシャツの販売を行い、約100万円の浄財が寄せられた。オーナーの清遠武彦さんは長期戦を覚悟しており、今月中旬をめどに「かぼちゃ屋」ホームページで2回目の販売を開始する。その一方で、コロナの収束を願いながら10月のハロウィン企画の準備も進める。

演者も応援Tシャツを着てステージに立つ。写真はサックスバンド「Python Rosso」の2人
演者も応援Tシャツを着てステージに立つ。写真はサックスバンド「Python Rosso」の2人
ステージ壁面に描かれた文字と同じデザインのTシャツ。手にするのはオーナーの清遠さん
ステージ壁面に描かれた文字と同じデザインのTシャツ。手にするのはオーナーの清遠さん

03-3222-7982

10月27日(火)よこすか芸術劇場/昼の部13時30分開演・夜の部18時開演

http://www.bellworldmusic.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

市民活動の一助に

ノジマモール

市民活動の一助に 社会

展望室を無償貸し出し

9月25日号

近世の「浦賀文化」に触れる

横須賀美術館

近世の「浦賀文化」に触れる 文化

文人画家・長島雪操の特別展

9月25日号

子育てアドバイザーを配置

愛らんど田浦

子育てアドバイザーを配置 社会

相談機能を強化

9月25日号

「横須賀を語る建物・あれから」

「地域の大人の出番だ」

浦賀・鴨居地区

「地域の大人の出番だ」 社会

小6生に修学旅行の代替行事

9月25日号

「食材に感謝」チョークで表現

「食材に感謝」チョークで表現 文化

野比の飲食店に大型作品

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク