横須賀版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

久里浜の火力発電所計画 「石炭NO」学生もアクション

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
現地では工事着工から1年が経過
現地では工事着工から1年が経過

  久里浜で進んでいる横須賀石炭火力発電所の建設工事に関して、市内でこれを考える市民活動が活発化している。2017年に設立された「横須賀火力発電所建設を考える会」では、学習会や工事中止を求めた活動を展開。都内の団体や弁護士と連動した行政訴訟も行っている。

 若者による環境問題に対する世界的な活動「Fridays For Future(未来のための金曜日/FFF)」に呼応する動きも市内で始まっている。今年に入って中高大生を中心に立ち上がったのが「FFF横須賀」。5月には、小泉進次郎環境相に宛てて、気候変動への不安や国内での石炭火力発電所建設の中止を求めた手紙を送る「レターアクション」を行うなど、国内の「FFF」と連動しながら発信を強めている。

 今月16日(金)には、横須賀中央駅前のYデッキで「食と気候変動の関係」についてのスピーチアクションを実施。30日(金)は「生きものと地球温暖化」をテーマに、同様の活動を行う。両日とも午後3時30分から1時間程度=人物風土記に関連記事。

地元住民にアンケート

 ハイランド地区では、住民が「建設を考える会」を今年2月に立ち上げた。以前、発電所が稼働していた際、高台にある同地区にばい煙が降ってきたことから、工事が進む現状に危機感を抱いている住民もいる。

 同会では学習会実施のほか、先月には3000世帯を対象に建設や生活環境に関するアンケートを配布。これらの回答などを分析しながら、今後の活動展開を考えていくという。

横須賀版のローカルニュース最新6

希望者募り抗体検査

新型コロナウイルス感染症

希望者募り抗体検査 社会

費用は公費で負担

10月30日号

万代会館で秋の自然体験

万代会館で秋の自然体験 文化

来月1日にテラコヤイベント

10月30日号

おりょう住居跡に案内板

おりょう住居跡に案内板 文化

湘南海援隊の呼びかけで

10月30日号

災害時の相互協力で協定

災害時の相互協力で協定 社会

眞仁会と横須賀エフエム

10月30日号

買い物客にエコバッグ

追浜大通り3丁目商店会

買い物客にエコバッグ 経済

抽選セールで進呈

10月30日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月30日号

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク