横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

タウンレポート コロナ対応で民意とズレ 「学童の校庭利用」議論巡り

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 「学校外にある学童(放課後児童クラブ)も校庭を使わせて」―。という要望に対する横須賀市の回答が、物議を醸している。

 市議会は昨年5月、時宜を捉えた課題を協議するため、「対策検討協議会」を設置。コロナ禍で影響を受けた事業者や団体からの要望等について、各会派の市議が意見を聴取し、質疑応答を通じて市に課題・問題点の確認を行い、改善・対応を求めている。

「考え方と判断に差異」

 問題となったのは、2月9日の協議会質疑。市への質問は「緊急事態宣言以降、学校開放事業は停止されているが、小学校内にある学童クラブは校庭を使用できている。学校外の学童は利用が不可となっているのはなぜか」―というもの。これに対し、教育委員会は「学校開放は一律中止で、外部との接触を避けるための判断。学校では授業後、ステイホームを促しており、再度登校して遊ぶことはできない」と回答。学童を所管するこども育成部も「学校外の学童では公園などを使って工夫している。感染防止のためしばらく辛抱してほしい」と答えた。

 協議会委員が「学童が密を防ぐのが大変だという状況も昨年来、市と共有してきたはず。学校開放の中止は理解できるが、感染防止の観点で使用したいという本意が伝わっていない」「不特定多数の人が使う公園を利用していることが『工夫しているので大丈夫』とはならない」と質すも、「我慢してほしい」と噛み合わないまま。「どうしても開放したくないと聞き取れる」「検討の努力が足りない」と憤る意見もあった。学校内にある学童が校庭を利用できている状況については「学校長の管理監督の範囲の上使っている」との回答。「考え方と判断に差異がある。論理が破綻している」と各委員ともあきれた表情を見せた。

方針転換も残る課題

 9日の会議後、市は対応を一転、12日から利用可と方針転換した。結果的には、ここでの議論が市を動かした形だ。確かに、学童を利用する児童は小学生全体の10数%。そのうち「校庭を使いたい」という要望は市全体にとっては小さいものかもしれない。しかし、課題を抱える現場に対して、納得のできる回答だったのだろうか。担当部署は「連携を取っている」と言うも、縦割りの感は否めない。ある委員は「これは民意とのズレ」と表現した。問題の本質を汲み取り、「その先」を想像する行政対応が求められている。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

開園16年目で1千万人

ソレイユの丘

開園16年目で1千万人 社会

2月26日号

春への誘い

田浦梅の里

春への誘い 社会

2月26日号

生産性向上の大切さ

生産性向上の大切さ 経済

青年会議所がウェブ講演会

2月26日号

ひな人形と“映え”写真

ひな人形と“映え”写真 文化

観音崎公園に手作りオブジェ

2月26日号

揃いの法被で威勢よく

しらかばこども園

揃いの法被で威勢よく 教育

2月26日号

カレーに「横須賀」たっぷり

カレーに「横須賀」たっぷり 経済

市内事業者がレトルト開発

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク