横須賀版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

「夫婦橋」の由来知って 市民団体が看板設置

文化

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
看板の前に立つ団体メンバー
看板の前に立つ団体メンバー

 郷土の歴史や文化を伝える市民団体「久里浜の文化を考える会」は先月17日、久里浜にある「夫婦橋」の由来について書いた看板を設置した。

 これまで小学校や病院などに地域の歴史を絵本にして届けてきた同会。新たな取り組みとして「聞いたことはあるが、その背景を知る人は少ない」という名所の看板を制作することに決めた。

 江戸時代には「暴れ川」と言われた平作川。農民で土木技術者の砂村新左衛門がそこに橋を架けようとしたが、幾度となく洪水で流失するため、美しい娘を人柱に奉げてようやく完成したという悲しい伝説がある。

 看板には、名称の由来である関東大震災まで2つの橋が存在したことや当時の橋はもっと上流にあったことなどが、写真入りで記載されている。

 小川喜久雄会長は「地元を愛する気持ちを育んでもらえれば」と話す。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

聖火ランナー県内駆ける

聖火ランナー県内駆ける 文化

市内の走行は6月29日

4月9日号

引きこもり者の交流拠点

引きこもり者の交流拠点 社会

NPOが「夢カフェ」開設

4月9日号

警察職員の模範に

横須賀署の高橋警部補

警察職員の模範に 社会

市内唯一の表彰選出

4月9日号

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演 文化

横三教育会館でリサイタル

4月9日号

ラジオで防災啓発

ラジオで防災啓発 社会

市消防局員出演の番組

4月9日号

横須賀の「映え」凝縮

横須賀の「映え」凝縮 文化

フォトコン受賞作を公開

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク