横須賀版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

横須賀新港フェリー問題  住民との話し合い「平行線」 就航まで2カ月余

経済

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
工事が進むフェリーターミナル(写真中央)
工事が進むフェリーターミナル(写真中央)

 今年7月に就航予定の横須賀新港―新門司港(北九州市)のフェリーについて今月1日、運営会社の東京九州フェリーは運賃や運航概要などを発表した。航路には「はまゆう」「それいゆ」2隻の新造船フェリーを投入し、週6日運航する計画。横須賀側ではフェリーターミナルの建設のほか、受け入れ準備が着々と進んでいる。

フェリー会社も説明を

 一方で就航まであと2カ月余りとなった今も、ふ頭利用や周辺環境の影響について、市と近隣住民や港湾事業者との話し合いは平行線を辿る。騒音や渋滞などを懸念した住民からの陳情を受け、市は専門事業者に調査を依頼。その結果などを今月初め、地元町内会に説明した。しかし「これまで挙げている課題に対する取り組みや対策が明確でない。反対の意思は変わらない」などと反発が上がる。

 また、ふ頭で荷役を行う港運事業団体への市の説明会も今月16日に行われた。ターミナル工事に伴い、3カ月以上も接岸できていない事業者もあり、「生活が懸かっている中で行政として無責任だ。既存事業者を蔑ろにしている」「工事完了後、(自動車運搬船は)今まで通り接岸できるのか。現状では今後の船積みの依頼にも答えられない」との声もあった。

 さらに「市は既存事業者とフェリーをふ頭内で共存させるとしているが、その”共存”がどのような形か示してほしい。フェリー会社にも説明の場に来てほしい」と質問するも、明確な回答はなかった。この会に参加した全日本港湾労働組合の担当者は「北九州側も横須賀の状況を心配している。ここまで整わない状況で就航していいのか」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

新時代の農業人材を育成

新時代の農業人材を育成 教育

横須賀商議所のプロジェクト

5月7日号

「宝石」を立体折り紙で

「宝石」を立体折り紙で 文化

三浦市の作家姉妹が考案

5月7日号

トップをめざせ

ウインドサーフィン

トップをめざせ スポーツ

小学5・6年対象アカデミー

5月7日号

楽しんでエコを身近に

ヨコスカママナビ

楽しんでエコを身近に 教育

ノジマモールで体験イベント

5月7日号

庶民の知恵の産物

上町商店街をめぐるツアー 看板建築

庶民の知恵の産物 文化

5月7日号

資料で学ぶ「浦賀ドック」

資料で学ぶ「浦賀ドック」 文化

コミセン分館で30日まで

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter