横須賀版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

来月3日に金沢区で行われる「金澤能」に出演する 阪本 昂平さん 追浜本町在住 22歳

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena

稽古重ね、いざ本番へ

 ○…現役東大生でプロの能楽師という2つの肩書きを持つ。金沢区の称名寺で催される「金澤能」。今年は能の「土蜘」でシテツレの源頼光を演じる。自宅での練習場はもっぱら風呂。謡や基本の所作の確認を繰り返す。決められた能の型の中で、どうやって役になりきるか――。「お稽古をし続けた先にしかない」と前を向く。

 ○…能が好きだった母親の影響で、6歳で称名寺薪能の「火入れ」を体験。これをきっかけに区内で開催する能講座「六浦セミナー」に通うようになった。「あまり覚えてないが、みんないるのでにぎやかで楽しかった記憶がある」。師である櫻間右陣さんの指導のもと、舞台の本数を重ね海外公演も経験。周囲の期待に責任を感じながら、「少しずつ、能の面白みを見つけてきた」。高校や大学の受験期は離れたこともあったが、いまや能は生活の一部だ。

 ○…「虫や宇宙が好き」と東大では理学部地球惑星物理学を専攻。天文部に所属し、時間があれば長野や房総半島へ足を伸ばし、観測を楽しむ。幼少時は貝山緑地や近くの海岸を駆け巡り、地元の自然を満喫していた。「緑が多いと心が落ち着くんです」。小学生時代、西逸見の将棋教室で腕を磨いていたことも。「興味があることをとことん突き詰める探求心」で能と学業を自然に両立させる。

 ○…1年前に能楽協会に認められ、プロ能楽師の仲間入りをした。それに伴い舞台で求められることも高くなったという。「意識が変わった。”櫻間の謡”にどう近づけるか。正しいものを伝えていきたい」と襟をただす。今後は大学院に進む予定だが、「先のことはわからない」とも。どんな仕事に就いたとしても「能はずっと続けていきたい」

横須賀版の人物風土記最新6

規矩 大義(ひろよし)さん

新理事長として学校法人関東学院を率いる

規矩 大義(ひろよし)さん

吉井町在住 57歳

5月14日号

神馬 彩夏さん

横須賀市内で展開する「駅弁半島実行委員会」で事務局を務める

神馬 彩夏さん

浦郷町在住 30歳

5月7日号

阪本 昂平さん

来月3日に金沢区で行われる「金澤能」に出演する

阪本 昂平さん

追浜本町在住 22歳

4月23日号

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter