横須賀版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

「ジャズって楽しいね」 山崎小でクラリネット奏者がライブ

教育

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
児童たちはリズムに乗って手拍子も
児童たちはリズムに乗って手拍子も

 「ジャズが世代をつなぐ」―。(公財)横須賀芸術文化財団による小中学校へのアーティスト派遣事業の一環で6月8日、市立山崎小学校で「WOOD FORDジャズライブ」が開かれた。

 同財団は、2015年度からクラシックの若手アーティストによる学校訪問コンサートを実施。今年度は、横須賀の音楽文化である「ジャズ」をテーマに、山崎小と大津中でジャズライブを企画した。派遣するアーティストは、両校出身でジャズクラリネット奏者の宮脇惇さんが所属するジャズバンド「WOOD FORD」。小学3年生で楽器を始め、プロ奏者として精力的に活動している宮脇さん。コロナ禍でコンサートに出かける機会が失われている中で、「生の演奏を通して、音楽の楽しさを感じてほしい。横須賀のジャズ文化を身近に感じる機会に」と、ベースの入船裕次さん、ギターの渡部良介さんを連れて、母校への”凱旋”が実現した。

 当日は、「A列車で行こう」「虹の彼方に」などのスタンダードナンバーや「パプリカ」をジャズやボサノバにアレンジして演奏。同校校歌の「ジャズバージョン」も披露された。児童からは「ジャズの好きなところは?」「クラリネットの思い出は?」などの質問のほか、「自由でのびのびした音楽が楽しかった」との感想も上がった。宮脇さんは「自然と手拍子が出てきて驚いた。子どもがジャズを楽しむ良いきっかけになったと思う」と語った。

 大津中では22日に訪問ライブを予定。ジャズに関するミニ講座のほか、吹奏楽部3年生とのジョイントコンサートも企画されている。

横須賀版のローカルニュース最新6

留学生展開など教育提携

留学生展開など教育提携 教育

神歯大と関学六浦

6月18日号

自宅が学び舎、親が教師役

自宅が学び舎、親が教師役 教育

「ホームスクール」多様な教育

6月18日号

閉店老舗旅館の”灯”守る

日の出町ENEOS

閉店老舗旅館の”灯”守る 文化

一國屋思い出の品を展示

6月18日号

実地訓練で危機意識啓発

湘南菱油

実地訓練で危機意識啓発 社会

市消防局と合同訓練

6月18日号

按針のバラ「大切に」

横須賀市

按針のバラ「大切に」 文化

寄贈の地域団体に感謝状

6月18日号

横須賀の古道初級講座

横須賀ロータリークラブ

1951年創設、70年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

一般社団法人ヨコスカジャズ協会

軍都の街・横須賀がジャズに染まる─横須賀トモダチジャズ

http://tomodachi-jazz.org/2019/

神奈川歯科大学

歯学部 大学院 短期大学(歯科衛生学科・看護学科)専門学校

http://www.kdu.ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter