横須賀版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

35th ヨコスカジャズドリームス 連載企画【1】 スウィングのある街から 〜総合プロデュース 門松オフィス・門松孝さん

文化

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena
▲2019年のジャズドリームス、フィナーレの様子 ©おがわしげる
▲2019年のジャズドリームス、フィナーレの様子 ©おがわしげる

 毎夏、国内外の著名ミュージシャンを招いて催されている「ヨコスカ ジャズ ドリームス」。35回目の節目となる今年。「横須賀にはジャズがある」―そんな想いを引き継ぐ人や活動に焦点を当てていく。

*  *  *

 1987年に市制80周年プレイベントとして三笠公園で開かれたジャズライブ「ByeBye EMクラブコンサート」。翌年から夏のジャズ祭「ヨコスカ ジャズ ドリームス」として定着した。会場を横須賀芸術劇場に変えた翌95年から、総合プロデュースを務めているのが門松孝さんだ。

華やかさと夢のステージ

 30回を超えても変わらない見どころは、アンコールフィナーレ。出演者が一堂に集う、一夜限りの競演だ。門松さんは「正統派のジャズライブを守りながら、華やかなキャスティングと構成で会場に夢のような空間を与えられるプロデュースがしたいと思い続けてきた」と語る。ステージと客席の一体感―。「出演者・スタッフ、観客が皆、忘れられない思いを共有できれば。1年に1度のお祭り。会場全体が笑顔になれるよう、フィナーレは特に思いを込めている」と話す。

 昨年は新型コロナの影響で中止となった。生の音楽への渇望感はアーティストも観客も一緒だ。「まだまだ制限も多く、会場に行けない人もいると思う。ステージがあることの”ありがたみ”を強く感じている」と感謝の言葉を続けた。

歴史と伝統の重み

 「戦後日本ジャズ発祥の地」と言われる横須賀。「この街の”ジャズを愛する”という姿勢は今も昔も変わっていない。時代は変化しても、この文化を大切に残すんだ、という気概を感じている」と語る。そして「EMクラブの跡地に芸術劇場が建てられたという経緯もあり、歴史や伝統の重さを感じている」。ジャズドリームスもその歴史の一部分。今年の公演は7月24日(土)。門松さん自身も、節目のステージの盛り上げに力を尽くしていく。
 

門松さんは、EMクラブでも演奏していた「原信夫とシャープス&フラッツ」のマネージャー。その縁でジャズドリームスのプロデュースに関わるようになったという▶︎
門松さんは、EMクラブでも演奏していた「原信夫とシャープス&フラッツ」のマネージャー。その縁でジャズドリームスのプロデュースに関わるようになったという▶︎

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

秋風に揺れる華麗なバラ

秋風に揺れる華麗なバラ 文化

ヴェルニー公園で開花

9月17日号

ジャージー牛肉濃厚シチューに

長坂の関口牧場

ジャージー牛肉濃厚シチューに 経済

9月17日号

2年連続で中止

浦賀奉行所開設300周年企画

2年連続で中止 社会

9月17日号

里山で自然体験

里山で自然体験 文化

野比かがみ田で観察会

9月17日号

来年GW前に開店

ポートマーケット

来年GW前に開店 経済

9月17日号

賑わい創出に飲食施設

ヴェルニー公園

賑わい創出に飲食施設 経済

市の公募で鎌倉の事業者

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook