横須賀版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

ご当地カクテル「横須賀ブラジャー」が10周年を迎えた若松新生商業組合長の 北見 雅則さん 市内在勤 67歳

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena

仕事は遊びのように

 ○…横須賀屈指の呑み屋街、通称「若松マーケット」。一見客が足を踏み入れにくかった雰囲気を変えようと、商店街メンバーらによって10年前に動き出した企画の一つがご当地カクテル「横須賀ブラジャー」誕生。コロナ禍の営業自粛により消えた街の賑わいを取り戻す”のろし”として改めてこれの周知に努める。「通って下さった方々に感謝。この思いを少しでも伝えられれば」

 ○…コロナショックによるこの街への影響は甚大だが、休業補助金によって存続できている店も多い。「皆さんのご協力で店も街もなんとか存続できている。これから徐々に恩返しをしていきたい」という。アフターコロナを見据え、まず着手を目指すのが防犯カメラと道路の整備。一朝一夕にはできないが客に長く愛され、また通ってもらう安心・安全な街づくりに力を入れる。

 ○…横須賀高校出身で、卒業後も友人と度々遊ぶのは決まって横須賀だった。大学卒業後は大手音響メーカーの営業や商品企画など国内外で活躍。その後役員を経て、独立起業。そんな中、若松マーケットにある居酒屋の経営を、常連客であった横高の先輩からの”勧め”で引き継ぐことに。つまみ5品から始めたという店を来年で”満9歳”を迎えるまでに育て、自身は組合長になるなど、「呑み屋の店主」がすっかり板についた。

 ○…周りを不快にする客は断る自称「メンバー制」居酒屋の店主。一見強面だが相手に向き合うからこそ時に厳しく温かい。そんな人柄に惹かれて”メンバー”が集う。組合の仕事も加わり昼夜忙しいはずだが、「仕事は遊びのように、遊びは仕事のように」と笑う。「楽しくなければ仕事じゃないよ」。その一言にこれまでの人生のすべてが詰まっている。

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook