横須賀版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

神奈川歯科大 認知症予防の拠点整備 構内の「赤レンガ倉庫」活用

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
新施設の前で鹿島勇理事長(左)と眞鍋教授
新施設の前で鹿島勇理事長(左)と眞鍋教授

 神奈川歯科大学(稲岡町82)は、認知症のケアと予防に取り組む複合型高齢者アミューズメント施設「RB白浜館」を構内に開設した。同大と横須賀市は「認知症共生社会」の実現を目指す連携協定を今年3月に結んでおり、取り組みを本格化させる。認知症予防に効果のある体操や脳の活性化につながるレクリエーションなどのプログラムを提供するほか、認知症カフェを開き、当事者の社会参加を促す。来年度に本格稼働させる。

 施設の運営を監修するのは、同大付属病院 認知症・高齢者総合内科の眞鍋雄太教授。口腔ケアが認知症予防につながるとされており、「医科歯科連携」を実践している同大の知見を活かす。

 認知症予防を希望する人に向けたリハビリテーションを提供していく。横須賀市が地域の特色づくりとして推進しているeスポーツを導入。手指を動かすことで脳に刺激を与えるアクテビティとしていくほか、高齢者と若年世代の交流を図るコミュニケーションツールとして活用する。認知症の当事者と家族を集めて正しい知識を伝達していく介護予防教室では、学生にも参加してもらい、ケアの現場を学ぶ場とする。世代横断のボランティアスタッフも迎えて、認知症への理解を深めることも目指す。眞鍋教授は「官民連携による認知症のトータルケア事業を”横須賀モデル”として広く発信していく」としている。

 施設は横須賀機関学校時代に配電所として使用されていたレンガ造りの建物、通称「赤レンガ倉庫」を改修した。名称の「RB白浜館」は赤レンガ(Red Brick)の頭文字と埋め立てが始まる前の同地が「白浜」の地名で親しまれていたことに由来する。レトロな雰囲気を漂わせており、屋外でジャズライブなども行っていく。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

地域共作の“武丸音頭”

武山連合町内会

地域共作の“武丸音頭” 文化

動画配信でお披露目

8月5日号

空間拡張、見せ方も工夫

YRP無線歴史展示室

空間拡張、見せ方も工夫 社会

校外学習の受け入れ強化

8月5日号

「九尾の狐伝説」続編創作

衣笠三雄堂書店

「九尾の狐伝説」続編創作 文化

三浦義明切り口に地元作家と

7月29日号

北図書館を駅前に移転

追浜地区再開発

北図書館を駅前に移転 経済

基本方針の策定は有隣堂

7月29日号

太陽光発電を積極推進

横須賀市

太陽光発電を積極推進 社会

公共施設にパネル設置

7月22日号

ピンクシャツで「いじめ根絶」

横須賀市

ピンクシャツで「いじめ根絶」 社会

全職員でメッセージ発信

7月22日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook