横須賀版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

横須賀シーガルズ 20年ぶり関東制覇 女子サッカー頂点めざし全国へ

スポーツ

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
試合終了後、ピッチの上で笑顔の花を咲かせた選手たち
試合終了後、ピッチの上で笑顔の花を咲かせた選手たち

 JFA第26回全日本U―15女子サッカー選手権大会関東予選会の決勝が11月13日、千葉県で行われ、横須賀・横浜を拠点に活動する「横須賀シーガルズMEG」が20年ぶりとなる優勝に輝いた。上位3校までは12月11日(土)に開催される全国大会に駒を進めることができ、選手らは「このまま勢いに乗って頂点に立ちたい」と意気込んでいる。

 クラブ創設は1977年で矢野喬子など"なでしこ"選手を輩出した名門として知られる。

 今大会は「華麗で優雅なサッカーで全国へ」と掲げるスローガンを体現したプレーだった。神奈川県第1代表として出場。トーナメント戦で24チームが競った。湘南ベルマーレなどJリーグ傘下のチームと激闘を繰り広げ、掴んだ決勝の切符。強豪・浦和レッズを前にフォワードの小松千夏さん(2年・平作在住)が堂々たるパフォーマンスを見せた。切れのあるフェイントで相手を翻弄し、縦横無尽にピッチを駆け上がりまず1点。続けざまにキーパーとディフェンダーの頭上にボールを浮かせた瞬間に背後へ回り込みシュート。そのままゴールネットを揺らした。ただこのままでは終わらせてくれる相手ではなかった。2―2同点で勝負の行方はPK戦に持ち込まれた。「絶対止める」。自信に満ちた顔で構えるゴールキーパーの清水唯菜さん(3年・池田町在住)が好セーブを連発。4―2で快挙を成し遂げた。

 「昨年の関東は初戦敗退で不完全燃焼に終わった。悔しさをバネにこの1年間苦しい練習によく耐えた」と称える代表の桑原由恵さん。週4〜5日、佐原のグラウンドなどで成長する選手たちを指揮してきた。

 目前に迫る全国に「とにかく攻め続ける」と選手らに気後れはない。「素直過ぎて自己主張が少ないことが課題。『勝ちたい』ではなく『勝つんだ』という強い心を育んでいる」と副代表で監督を務める堂下弥里さん。足元の技術のみならず、練習後に1人ずつスピーチをしてメンタル面を鍛えるなど自分たちのやるべきことに向き合っている。主将の吉田海結さん(3年)は「全国で私たちは無名な存在かもしれない。だからこそ番狂わせを起こしたい」と大舞台を見据える。

横須賀版のトップニュース最新6

無人運航「見通し良好」

猿島航路実証実験

無人運航「見通し良好」 経済

小型観光船で世界初の成功

1月14日号

「子どもの権利」社会で守る

横須賀市議会

「子どもの権利」社会で守る 社会

条例制定にパブコメ募集

1月14日号

アニメで横須賀を売り込め

市役所地下で飲食店「お試し」

市役所地下で飲食店「お試し」 経済

短期出店のトライアルキッチン

1月7日号

「新しい流れ」つくる呼び込む

「新しい流れ」つくる呼び込む 政治

新春インタビューで上地市長

1月1日号

いざ、「鎌倉殿の13人」

いざ、「鎌倉殿の13人」 文化

出演・中村獅童さんインタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook