横須賀版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

世界つなぐ農業の輪 林在住 永野亜由美さん

文化

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
採れたてのトマトを大事そうに持つ永野さん
採れたてのトマトを大事そうに持つ永野さん

 長閑な風景が広がる林エリア。ここに永野亜由美さん(34)が管理する「あゆちゃん農園」がある。3・5ヘクタールの敷地でトマトやキュウリなど年間100種類以上の野菜を栽培している。

 米国の大学を卒業後、IT企業に勤めていたが3年前、農家を営む父・茂樹さんが腰痛に悩まされていることを知り、家の仕事を手伝うように。「初めは知識も技術もなかったので苦労の連続。おっちょこちょいで、土と同じ色の種をひっくり返したり」と失敗談を語るが、いつしか野菜作りに強い愛情を注ぐようになり、縦横無尽にトラクターを操縦する姿も様になってきた。「オシャレするとモチベーションも上がる」。ワークウェアブランドのアンバサダーとして、作業服の着こなしにも気を遣う。

 厳しい寒さの中で収穫した約2万個ものタマネギの山。会社員の夫も帰宅後、袋詰めに協力する。「家族との一体感や他の仕事とはまた違う達成感が得られる。心地良い疲労感で、ぐっすり眠れるし」と喜びと誇りを持ちながら充実した日々を過ごしている。

 農業で活躍する女性を推進する農林水産省の「農業女子プロジェクト」にも参加。「映え」を意識した色鮮やかなサラダのレシピをSNSで公開し、消費者と交流する。持ち前の英語力を活かし、機械化が進む海外の農業者たちともつながり、作業の効率化など情報収集に余念はない。

 今後の目標は、農業を通じた国際交流。「世界中の人に収穫体験や調理実習、マルシェを開いて地場野菜を味わってもらったり。横須賀の魅力を伝える懸け橋になって大きな輪を広げたい」と話し、「やりたいことはいっぱいある」と両手で弧を描いて見せた。

横須賀版のローカルニュース最新6

人流をオンライン照会

横須賀市

人流をオンライン照会 社会

ビッグデータ活用で新施策

5月13日号

オンラインでパパ講座

オンラインでパパ講座 文化

講師に市内在住 一之瀬さん

5月13日号

原子力空母の街を考える

原子力空母の街を考える 社会

5月21日 フリートークの会

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 秦野市文化会館

5月13日号

「職業選択」カードで学ぶ

「職業選択」カードで学ぶ 教育

親子ワークショップに11組

5月13日号

「健康」主題に4人の識者

「健康」主題に4人の識者 社会

県立保健福祉大の公開講座

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook