横須賀版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

秋谷在住西澤さん 盲犬を接触から守る 「ドッグバンパー」独自開発

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
ドックバンパーを装着した愛犬・ヘソ君と西澤夫妻
ドックバンパーを装着した愛犬・ヘソ君と西澤夫妻

 けがや病気で視力を失った犬を障害となる壁などへの接触から守る「ドッグバンパー」という補助具がある。開発者は、秋谷で3D技術を用いたモノづくり事業を展開するAtomic Works社の西澤洋さん。「盲犬に不安なく歩いてもらえれば」と話す。

  ◇  ◇  ◇

 幼い頃から大の犬好きだった西澤さん。以前、自宅で飼っていたパグが角膜潰瘍になり、晩年は目が見えなくなった。頭を撫でる微かな感触にも怯え、壁にぶつかる度に痛々しい悲鳴が聞こえた。「胸が絞めつけられるようだった」。元々は活発な性格だった飼い犬はすっかり動かなくなり、2015年にこの世を去った。「私にできる支えはなかったのか」と自問自答を繰り返した。

 心にしこりを残したまま過ごしていた翌年末、一つのアイデアがひらめいた。犬が障害物に近づくと頭部を覆ったリングがガードし、接触する前の緩衝材となる仕組み。人間でいえば視覚障害者の白杖の役割を果たすものだ。ネットを調べると海外の既製品は出回っていたが、個体別にフィットする商品はなかった。

 工業製品のエンジニア経験を活かし、すぐに商品開発を開始。3Dプリンターを駆使し、半年後に納得のいく器具が完成した。犬への負担を最小限に抑えるため、素材にはトウモロコシ樹脂を使い、重さは100g以下と軽量。ホームページを見た飼い主から注文が入り、これまで約300個をオーダーメイドで製作した。「自信がついて走れるようになった」など喜びの声も寄せられた。

 デザイン性にもこだわり、妻の千鶴さんと共に今も改良を重ねる。白内障で全盲になったもう1匹の愛犬・ヘソ君に装着し、出来栄えを確認する。「ワンちゃんと飼い主さんの精神的な安心につなげたい」。瞳の奥にある思いを感じ取るかのように、ヘソ君はじっと主人の声に耳を傾けた。

横須賀版のローカルニュース最新6

経済を知り一手打つ

経済を知り一手打つ 経済

横須賀商議所の「平松塾」

5月20日号

理解できないを味わう

映画『夜を走る』

理解できないを味わう 文化

佐向監督が舞台あいさつ

5月20日号

検定試験を市が助成

検定試験を市が助成 教育

中学生の漢検・数検・英検

5月20日号

好きなことで自由に遊ぶ

好きなことで自由に遊ぶ 教育

不登校親子のよりどころ

5月20日号

土器で作るフラワーポット

土器で作るフラワーポット 文化

田浦の穴窯で焼成

5月20日号

長坂の田んぼ田植え体験会

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook