横須賀版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

センスアイランド 五感を刺激する芸術祭 夜の無人島・猿島を舞台に

文化

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
齋藤精一 JIKU #004 SARUSHIMA Sense Island2019年の展示風景photo by Naomi Circus © Sense Island 2019
齋藤精一 JIKU #004 SARUSHIMA Sense Island2019年の展示風景photo by Naomi Circus © Sense Island 2019

 暗闇の中で感覚を研ぎ澄ませて猿島の自然とアート作品の数々に触れる─。そんなユニークなコンセプトを掲げた芸術祭「Sense Island-感覚の島-暗闇の美術島 2021」が1月22日(土)から猿島一帯を会場にして始まる。2019年秋以来、2度目の開催。今回は「音」をテーマに多士済々のアーティスト13人が作品を島内に展示する。会期は3月6日(日)まで。

 主催は横須賀市と民間事業者で構成する「Sense Island実行委員会」。前回は、感度の高い首都圏在住の若い世代を中心に約5800人の来場者があり、SNSを通じて猿島が広く発信されるなど、一定の成果を挙げた。普段は立ち入りが制限されている夜間の利活用を探る実験的な試みでもあり、可能性を広げるイベントとなった。

 プロデューサーを務めるのは、芸術祭やアートイベントの仕掛け人で、自身もアーティストとして作品発表を行っている齋藤精一氏。昨春、深田台の平和中央公園に新設された「平和モニュメント」のデザイン企画・監修者としても知られる。

 前回のコンセプトを踏襲して、「テクノロジーや時間の概念を取り払い、猿島にある自然と自分自身に向き合うことで、人間が失ってしまった感覚を取り戻す機会を提供する」としている。

会場内では、携帯電話を封印して島内をめぐる。日常との接点を遮断することで感性を高めてもらう考えだ。1月29日(土)と2月11日(祝)には、波音と風だけが響く静寂空間と音楽の融合を試みるライブが企画されている。このほかに、作品の一部をアーティストが案内するガイドツアーもある。

 チケットWebはサイトから(【URL】https://senseisland.com/)事前購入が必要。観覧料(乗船料含む)一般大人3500円、小・中学生1500円で市民割引もある。

横須賀版のトップニュース最新6

ストリートダンスで熱くなれ

ストリートダンスで熱くなれ 社会

全国規模の大会、横須賀市が誘致

5月20日号

土地活用へ市場調査開始

大矢部弾庫跡地

土地活用へ市場調査開始 文化

民間事業者から意見募る

5月20日号

4回目接種 6月開始

新型コロナワクチン

4回目接種 6月開始 社会

60歳以上と基礎疾患のある人

5月13日号

障害者の働く場つくる

久里浜

障害者の働く場つくる 社会

NPOが商店街店舗引き継ぎ

5月13日号

9月末で営業終了

観音崎京急ホテル

9月末で営業終了 社会

新事業者運営で来春再開

5月6日号

BMX「聖地化」へ第一歩

横須賀市

BMX「聖地化」へ第一歩 スポーツ

うみかぜ公園でジャパンカップ

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook