横須賀版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

横須賀市 BMX「聖地化」へ第一歩 うみかぜ公園でジャパンカップ

スポーツ

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
国内のトップBMXライダーが揃った記者会見。中央は上地市長
国内のトップBMXライダーが揃った記者会見。中央は上地市長

 横須賀市は4月27日、アーバンスポーツのひとつであるBMXの競技団体「全日本フリースタイルBMX連盟」と地域活性化をめざす連携協定を結んだ。協定の目玉として、7月22日(金)から3日間、平成町のうみかぜ公園を会場に国内のトップライダーが集うジャパンカップを開催することも発表した。上地克明市長が旗を振るスポーツ・エンタメ路線をさらに推し進める。

 アーバンスポーツとは、若い世代に人気のあるBMXやスケートボード、スポーツクライミングなどを指す言葉。公園や広場、ストリートといった「都市」が活動の舞台となる。音楽やファッションとも融合し、若者文化の象徴として捉えられてきたが、東京五輪種目に採用されたことで競技としても熱い視線が注がれている。

 アーバンスポーツの振興について、上地市長は「自由で開放的だったかつての横須賀の雰囲気を呼び戻し、若者が集まる街にできれば」と狙いを説明。大会の開催場所を探していた連盟に呼び掛け、自治体として初めて大会を誘致した。会場では民間事業者の協力で最新のICT技術を活用したライブ配信を行うほか、地元商店街と連携して、来場者の市内周遊を促すスタンプラリーなども実施する。将来的にはBMXとスケートボード、ストリートダンスとの同時展開もめざす。

 このほか連携の具体例として、トップライダーによる小学校訪問や体験会を開くことでファンの拡大を図る。BMXに適した環境整備の一環として、連盟が今大会で用意するジャンプ台などのパーク施設を市内に常設して「聖地化」をめざす。

 連盟の出口智嗣理事長は「アーバンスポーツが抱える問題に愛好者のマナーなどがあるが、これをクリアにする取り組みも横須賀市と一緒に進めたい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

三笠公園 リニューアルへ

横須賀市

三笠公園 リニューアルへ 社会

民間事業者にアイデア求め

6月24日号

さよなら、曲面の名建築

聖ヨゼフ旧病棟

さよなら、曲面の名建築 社会

築80年超の建物 7月末解体

6月24日号

機動救急隊 365日稼働へ

横須賀市消防局

機動救急隊 365日稼働へ 社会

南署へ配置、体制拡充

6月17日号

給食費「当面値上げせず」

横須賀市

給食費「当面値上げせず」 社会

物価高騰に食材変更で対応

6月17日号

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上

“Uber(ウーバー)配車”で利便性向上 経済

タクシー5社がサービス開始

6月10日号

二本立て「プレミアム商品券」

横須賀市

二本立て「プレミアム商品券」 経済

市と商店街がそれぞれ発行

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook