神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀・三浦版 公開:2023年11月17日 エリアトップへ

「よこすか不登校支援ネットワーク」の発起人を務める 小林 怜奈(れな)さん 池田町在住 38歳

公開:2023年11月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
小林 怜奈(れな)さん

「安心できる居場所と支援を」

 ○…「学校に行かない選択」をする子どもたちの多様な学びに経済的支援を-。フリースクール運営団体や居場所を提供する親の会などで作る「よこすか不登校支援ネットワーク」の発起人として、11月初旬に横須賀市教育委員会へ要望書を提出した。今後も意見交換の場を設けるなど、教育長から支援策の再構築に関する回答を得て、現状把握や不安解消に向けて一歩前進した。

 ○…中1と小5の子どもは、ともに小1から不登校となり、次第にひきこもるようになった。24時間365日、自宅という狭い空間で子と向き合い、支える日々。自身の気持ちも追い詰められぬよう、悩みや葛藤を吐露する場を求めて市内外の親の会に足繁く通った。横須賀でも同様の会はあったが、散発的に出来ては消えの繰り返し。SNSで同じく不登校の子を持つ市内の保護者と出会い、親子の学校外の居場所づくりをめざす「よりどこ」を立ち上げた。

 ○…2022年5月のグループ開設から1年半が経った。観音崎や荒崎などで外遊びをしたり、保護者同士の交流機会を設けたり。「来てよかった」との感想がやりがいだ。また、医療や福祉、教育などの関係機関や支援者で組織する「市ひきこもり支援連携協議会」の委員にも名を連ね、実情を訴えている。

 ○…24年1月には粟田で「居場所カフェ」を開店予定。「家族間でも打ち明けづらい気持ちがあるはず」。地域住民の利用はもとより、実体験をもとに「当事者や保護者が安心して話せる場所を作りたい」と話す。市の22年度調査では、市内1千人超の小中学生が不登校になっている。課題は可視化しにくい声なき声をどのように見つけ、サポートに繋げていくか。「取り組みを知ってもらうため発信を続けたい」

横須賀・三浦版の人物風土記最新6

地代所 悠さん

「コントラバスヒーロー」のタイトルで舞台や映像作品を手掛けている

地代所 悠さん

三浦市南下浦町上宮田在住 32歳

7月12日

石丸 謙二郎さん

墨絵を題材にした画文集を上梓し、逸見のギャラリーで個展を開く

石丸 謙二郎さん

70歳

7月5日

伊与田 あさ子さん

アマチュアからプロ、障害者のバレエ指導に長年力を注いできた

伊与田 あさ子さん

追浜町在勤 74歳

6月28日

松本 敬之介さん

神奈川県県民功労者表彰を受けた

松本 敬之介さん

深田台在住 83歳

6月21日

迫田 義広さん

野球人口拡大に取り組む中学校教諭

迫田 義広さん

追浜東町在住 43歳

6月7日

本多 和彦さん

日本ホタルの会の会長を務める

本多 和彦さん

西浦賀在住 66歳

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀・三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀・三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook