三浦版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉市 「花の王」ボタンが見頃に 県立フラワーセンター大船植物園

わら囲いの中で華麗に咲くボタン
わら囲いの中で華麗に咲くボタン

 鎌倉市の県立フラワーセンター大船植物園(JR大船駅下車西口・大船観音側徒歩約16分)で、ひと足早くボタンが見頃を迎えている。

 ボタンは通常4月の中・下旬に開花するが、同園では花の少ない時期に楽しんでもらおうと2年前から促成開花させたボタンを展示。鉢植えのボタンを約50日冷蔵した後、暖かな温室で約1カ月栽培し、開花したボタンを2月上旬から和風庭園で展示している。

 ボタンの種類は「天衣」「初日の出」「花大臣」「八千代椿」など。和風庭園の12カ所で薄いピンクや紅色などの花が咲いている。冷たい外気や霜から株を守るため、ワラボッチという竹と稲わらで作った囲いで覆われている。見頃は2月末ごろまで。園内ではこの時期、ほかにもマンサクやロウバイが見られるほか、早咲きで知られる玉縄桜も咲き始めているという。

 問合せは同園【電話】0467(46)2188まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク