三浦版 掲載号:2011年5月13日号
  • googleplus
  • LINE

三浦市自転車マナーアップ大会 児童が競いながらルールを再確認

歩行者のいる横断歩道で一旦停止
歩行者のいる横断歩道で一旦停止

 交通ルールを守り、自転車の安全運転を再確認してほしいと、5月7日に潮風アリーナで『第4回三浦市自転車マナーアップ大会』が開催された。主催は、三浦市、三崎警察署、三浦市交通安全協会、三浦市安全運転管理者会。

 この大会は、自転車に乗って決まったコースを走ったり、交通ルールのテストを行い、どのチームが安全に正しく自転車に乗ることができるかを競うもの。自転車の安全な乗り方のリーダーとなり、周囲のお手本になってもらうことを目的として、県内各地域で開催されている。

 今大会では、市内8小学校の4・5・6年生から5人1チームで14チームが参加。自転車ルールの筆記試験のほか、アリーナ内に作られた模擬道路で実技試験を行った。実技では、ヘルメットを着けて信号や横断歩道、交差点などの通行に挑戦。子どもたちは左右の確認をしっかりしながら運転していた。

 大会の結果、団体の優勝は初声小学校Aチーム。2位に上宮田小学校Cチーム、3位には旭小学校Bチームが入った。

 なお、県では5月を「自転車マナーアップ強化月間」と定めている。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク