三浦版 掲載号:2011年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

わんぱく相撲三浦場所 女子含む108人が熱戦を展開

真剣勝負を繰り広げた(三浦市提供)
真剣勝負を繰り広げた(三浦市提供)

 『第14回わんぱく相撲三浦場所』が、5月15日に初声町の若宮相撲場で行われ、女子11人を含む108人の小学生が参加。個人戦と団体戦で熱戦が展開され、各部門の優勝とともに7月に東京・両国国技館で開催される全国大会の出場者も決まった。

 三浦場所は、(社)三浦青年会議所(石川巧理事長)を中心に市相撲連盟、市教育委員会からなる実行委員会が毎年実施。相撲競技の普及を通し、児童の体力づくりと健全育成を目的としている。

 参加資格は、市内在住・在学の小学生(1年生から6年生の男子および1年生から3年生の女子)。

 今年は、学年ごとの個人

戦のほか、団体戦では低学年に23チーム、高学年に4チームが出場し優勝を争った。

 上位入賞および全国大会

出場者は以下(敬称略)。

【個人戦】1年生/横綱(以下【1】)堀越大雅(初声小) 大関(以下【2】)黒沢琉羽(上宮田小) 関脇(以下【3】)鈴木涼介(初声小) 2年生/【1】渡部夢斗(初声小) 【2】松崎陽(同) 【3】葉山京平(名向小) 3年生/【1】石間勇斗(初声小) 【2】脇坂謙(同) 【3】塩津竜士(同) 4年生/【1】徳田隼人(初声小) 【2】高木樹冴(同) 【3】澤村風馬(同) 5年生/【1】松原武幸(名向小) 【2】石井文哉(三崎小) 【3】高梨絢使(初声小) 6年生/【1】飯嶋涼太(南下浦小) 【2】丸山豊(同)

【団体戦】低学年/【1】初声小・しか(堀越大雅・渡部夢斗・長澤航汰) 【2】初声小・いぬ(鈴木涼介・松崎陽・橋本元治) 【3】初声小・さる(福留一航・高橋龍貴・石間勇斗) 高学年/【1】三崎マグロ(星野凱・石渡公崇・石井文哉) 【2】初声小・ライオン(澤村風馬・増田祥也・高梨絢使) 【3】初声小・チータ(塚越長治・徳田隼人・和田蒼空)

 7月31日(日)に開催される全国大会には4・5・6年生の優勝者が出場する。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク