三浦版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

国指定重文「三戸のお精霊流し」 8月16日(火)の朝に

子どもたちが船を曳いている様子
子どもたちが船を曳いている様子

 今年3月に国の重要無形民俗文化財に指定された「三戸のお精霊(オショロ)流し」が、8月16日(火)に行われる。

 これは、市内初声町三戸に伝わる盆の精霊流し行事で、現在は三戸お精霊流し保存会が中心となり受け継がれている。

 毎年この日に神田、北、谷戸上の3つの地区ごとに行われ、8月13日に盆棚を設けて各家が迎えた祖先の霊を、16日の早朝、オショロブネと呼ばれる大きな藁船に乗せ、三戸海岸から集団で送り出す。「セイトッコ」と呼ばれる少年たちによって伝承されてきた。

 当日は、午前3時ごろに子どもたちが墓地を回り墓前の供物を集めて砂浜へと運び、さらに6時ころになると各家々からも盆に迎えた精霊や供物を持ってくる。その間、大人たちは浜で5メートルほどの藁船を作製。その船に精霊や供物を乗せ、子どもたちが沖へと曳いていき、精霊を海の彼方へ送る。そして、子どもたちが海から帰ると、大将が木彫りの人形「オミシメサマ」を風呂に入れる。

 午前6時ころから船作りが始まり、8時ころに送る。

 問合せは、市生涯学習課【電話】046・882・1111内線411へ。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク