三浦版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

三浦学苑 悔しさ胸に、雪辱誓う 全国高校サッカー県予選準優勝

スポーツ

試合終了直後の表彰式。悔しさをこらえて整列
試合終了直後の表彰式。悔しさをこらえて整列

 神奈川の頂点・全国まであと一歩だった―。第90回全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選の決勝戦が今月12日、ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で開かれ、三浦学苑が桐光学園と対戦。決勝初進出の勢いに乗り優勝の期待が高まったが、1─2で惜しくも敗れた。だが、応援に駆けつけた保護者やクラスメートらは、「よく戦ってくれた」と健闘をたたえ、「来年が楽しみ」と早くも期待の声が聞かれた。

 三浦学苑サッカー部は、レギュラーの半数以上が地元の中学校やクラブチームの出身で、自前色が強いチーム。もうひとつの特徴がレギュラーの大半を2年生が占めるチーム編成だ。その象徴ともいえるのが、今夏、神奈川県が中国と韓国に県選抜の選手団を派遣した「三県省道スポーツ交流事業」だ。同校から選ばれた木村哲太選手(横須賀・浦賀中出身)、宮坂瑠選手(同・衣笠中出身)、野村徹選手(横浜・金沢中出身)は3人とも2年生。海外で経験を積んだ選手がチームの中核を成している。

 主将としてチームを引っ張ったのが、3年生の大橋琢也選手(鎌倉・岩瀬中出身)。大橋選手が小学校時代にプレーしていた「あわふねフットボールクラブ」でアドバイザーを務める井坂貴之さんは、「負けん気が強い一方で、人を思いやる優しい子でした」と振り返る。

 同校は創立80周年を迎えた平成21年、ナイター照明を備えた人工芝グラウンドを整備。天候に左右されることなく練習を積めるようになった。この年はインターハイ県予選3位の快進撃を遂げた。

 しかし今年度は、関東大会予選、インターハイ県予選ともに”ベスト16止まり”。更なる進化を目指して選んだ手法が、夏休み中に強豪チームとの練習試合をひたすら繰り返すことだった。その試合数は30に及んだ。どこよりも実戦経験を積み、個々もレベルアップ。迎えた今大会の2次予選では、1回戦から準決勝までの5試合で15得点の攻撃力を見せた。

”三浦ブルー”まとって

 その勢いのまま迎えた初の決勝。三ツ沢球技場の三浦学苑側応援席には、全校生徒と保護者や卒業生らが集結した。ブルーのユニホームを身にまとったサッカー部員が、メガホンを片手に声を張り上げ、応援の音頭をとった(=写真左下)。

 前半は一進一退の攻防だった。34分に先制されるも、その1分後、コーナーキックからのセットプレー。ゴールキーパーがはじいたこぼれ球を、宮坂選手がダイレクトシュートで同点ゴールを決めた。失点のピンチにも、ゴール前で堅い守りを見せるなど、宮坂選手は攻守にわたり活躍した。

 しかし、後半開始直後に勝ち越し点を奪われ、その後は選手の足が止まった。相手チームの猛攻に防戦一方。力の差を見せ付けられるかたちとなり、そのまま試合終了のホイッスルが鳴った。

 うなだれるチームメートに大橋主将は整列をうながし、最後までチームを引っ張った。井坂さんもスタンドから「よく後輩たちをまとめてくれた」と賞賛を送った。

 得点した宮坂選手の父親の哲史さんは唇をかみながらも「(選手たちは)一生懸命頑張った。胸を張ってほしい。来年もこの場所で応援したい」と誇らしげに語った。

 同校サッカー部OBの安西亮さん(20)はこの日、京都から応援に駆けつけた。卒業した年に現在の3年生が入学したため直接の接点は無いが、後輩の活躍はニュースで知ったという。前半は「少ないボールタッチで桐光ゴールに迫る攻撃に可能性を感じました」と振り返り「結果は負けてしまいましたが(スタメンは2年生が中心のため)来年が楽しみ。また応援に来たい」とコメントした。

 会場には横須賀市サッカー協会が呼びかけた小学生チームの選手も駆けつけ、同協会関係者は「手本となるプレーをみせてくれた。(三浦の選手に)憧れを抱いた子どももいるだろう。地域のサッカー熱が高まった」と話していた。

 敗れはしたものの、今後の活躍も期待されている三浦学苑イレブン。2年生の永塚俊太郎選手(初声中)など三浦出身の選手もおり、今回の悔しさを胸に、リベンジを誓う。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク