三浦版 掲載号:2011年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

三崎・城ヶ島 魅力と観光のシンポジウム

吉田  英男市長
吉田 英男市長

 三崎・城ヶ島の魅力をより一層生かすことを目的に”魅力再考・観光再興”を考えるシンポジウム『最高、さあ行こう!ロハスなまち三崎・城ヶ島へ』が、12月16日(金)にうらり2階の三浦市民ホールで開催される。神奈川新聞社・県・三浦市の主催。

 当日は、午後6時から7時40分までの予定で、神奈川新聞社の堀田憲司社長のあいさつの後、地元民謡歌手の岩井きよ子さんのステージ。その後、地域活性化コンサルタントの政所(まんどころ)利子氏による「誘客へ 観光資源をどう生かす?」と題した基調報告を経て、パネルディスカッションに入る。

吉田市長や黒岩知事も出席

 同ディスカッションは、政所さんがコーディネーターとなり、パネリストには、城ヶ島でドライブイン「しぶき亭」を経営し城ヶ島区長の加藤治彦氏、横須賀市秋谷でアウトドアグッズ・ショップ3Knotを営み三浦半島を知り尽くしたナチュラリスト寒川(さんがわ)一氏、左官業の(有)左菊代表取締役親方で三浦商工会議所青年部会長の鈴木一史(ひとし)氏の3人を迎え、テーマに基づいて意見交換を行なう。

 また、最後にはまとめとして吉田英男市長、黒岩祐治県知事も登場する。

 入場は無料で、定員400人。希望者は以下の【1】【2】どちらかの方法で申込みを(申込み先により受付締切が違うので注意)。

 【1】【三崎・城ヶ島シンポジウム事務局】葉書かファックスに代表者氏名・〒・住所・【電話】・年齢・職業・参加者全員の氏名・人数を書き、〒231─8445(住所不要)神奈川新聞社営業局内「三崎・城ヶ島シンポジウム事務局」へ。同社HPからも可。【FAX】045・227・0765 12月5日必着。

 【2】【横須賀三浦地域県政総合センター商工観光課】電話かファックスで代表者氏名・〒・住所・【電話】・年齢・職業・参加者全員の氏名・人数を連絡。【電話】046・823・0433 【FAX】同824・2459 12月15日正午締切。

 応募者多数の場合は、それぞれで抽選。

 問合せは、市秘書課【電話】046・882・1111内線207へ。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク