三浦版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

三崎の鉄火巻日本一大会 新記録の540m達成

左右の人と息を合わせて巻き寿司作り
左右の人と息を合わせて巻き寿司作り

 日本記録更新を目指して4月15日、三崎下町商店街で「三崎まぐろ鉄火巻日本一寿司づくり大会」が開催され、1200人の巻き手により前回の記録を10m上回る540mの新記録を達成した。

 この大会は海南神社を会場に、五穀豊穣を祈願し、地元の食文化の向上を願うお祭り「食の神フェスティバル」の一環として行われたもの。より多くの人に三崎特産のまぐろを味わってもらいたい、と5年前から「鉄火巻日本一」を目指して始まった。

 三浦商工会議所や地元の商店街などが中心となり、「三崎鉄火」と名づけて活動している。平成18年に実施した第1回目の記録は432m。以降、毎年記録を伸ばし、今回の記録更新となった。

 事前に募集した参加者は1200人。当日は好天にも恵まれ、穏やかな陽気の中、スタッフ約250人と約1時間かけて、鉄火巻が完成。寿司はその場で参加者と観客に振舞われた。鉄火巻にはマグロは80kg超、シャリは280kg、540mの海苔が使われた。

 会場は、海南神社から商店街へ向かう直角カーブのある道路。参加者たちが、一列に横に並び、息を合わせて一斉に寿司を巻く姿は圧巻。見事な鉄火巻の完成に観衆も含めて大きな歓声が上がっていた。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク