三浦版 掲載号:2012年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

横浜と横須賀 県立歴史博物館 港町の昭和20年代

昭和20年代の絵葉書。描かれているのはEMクラブ
昭和20年代の絵葉書。描かれているのはEMクラブ

 横浜と横須賀。神奈川を代表する2つの港町の昭和20年代の姿を映画やファッション、食べ物、音楽(ジャズ)から振り返る特別展「ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー〜二つの港町の戦後文化〜」が、6月17日(日)まで県立歴史博物館(横浜市中区南仲通5-60)で開かれている。

 終戦後連合国軍が相次いで進駐する中で、当時の人らはアメリカ文化を受け入れながら復興への道をたくましく歩んだ。今展では、そんな時代の空気を感じる資料約130点が飾られている。

 観覧料は大人900円、20歳未満・学生600円、高校生・65歳以上100円。開館時間は午前9時半から午後5時。月曜休館。

 問合せは、同館【電話】045・201・0926まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク