三浦版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

音楽の係留地ライブ再び 大塚まさじと木村充揮

大塚まさじ
大塚まさじ

 「The day of the MOORED MUSIC!(三浦半島係留中の音楽の日)Vol・2」と題された音楽ライブが、6月2日(土)と30日(土)に三崎西銀座の貝がらホールで行われる。

 このイベントは、「音楽は旅をする。地球の裏側で創られた音楽を瞬時にして聴くことが出来る現代。一方で緩やかな潮の流れに乗り人々に伝わってゆく音楽もある。人から人へ、町から町へ、やがては国境をも軽々と越えてゆく。かつて、たくさんの未知の文化にあふれていた港町。いつの日か三浦半島各地が有数の音楽の係留地であればと願う」というコンセプトに基づいて企画されたもの。

 今回は、今年1月に初開催されたのに続く第2弾で、日本の音楽シーンの草創期から素晴らしい作品と歌声を聴かせ続ける関西を代表するシンガー・大塚まさじ(2日)と、「天使のダミ声」と称される唯一無二のブルースシンガー・木村充揮(憂歌団・30日)が三浦に登場する。

 「大塚まさじ@三崎港」は、2日(土)午後5時開演で入場料4000円。

 「木村充揮(憂歌団)SOLO LIVE@三崎港」は、30日(土)午後5時開演で4500円。

 チケットの予約および問合せは、カフェ&バール・ミサキプレッソ【電話】046・882・1680(正午〜午後8時頃・水曜定休)へ。
 

木村充揮
木村充揮

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク