三浦版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

城ヶ島の地下壕を探索 特別許可によるチャンス

公園内にある地下壕入口
公園内にある地下壕入口

 三浦まちづくりの会(田中健介会長)主催の「城ヶ島砲台地下壕探索会」が、6月3日(日)に開催される。

 戦時中、東京湾要塞地帯だった城ヶ島には、45口径25cmの可農(カノン)砲が2基4門据えられていた。現在、砲座跡は県立城ヶ島公園の駐車場花壇になっており、その下に地下壕があり、入口には迷彩色がハッキリ残っている。

 今回は、通常入ることができないこの地下壕を特別に探索できる。

 当日は、午後1時に同公園入場門に集合。約1時間探索を行い2時頃解散の予定。雨天決行。

 参加費は無料で、定員20人。歩きやすい靴と服装で、懐中電灯持参。

 申込みは、6月1日(金)までに電話・ファックス・Eメールで重田さん【電話】【FAX】046・881・0370【メール】hiro
64@green.ocn.ne.jpへ。問合せも同。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク