三浦版 掲載号:2012年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

観覧者募集 人形劇で防災意識高揚 防災の公演も

人形劇で防災を学ぶ
人形劇で防災を学ぶ

 江戸時代に発生した津波から、地域を守ったという実話を題材にした防災人形劇「稲むらの火(デフ・パペットシアター・ひとみ座)」公演が11月23日(金)、市民ホール(うらり)で開催される。観覧者を募っている。入場は無料。主催は公益財団法人横浜YМCA。後援は三浦市・三浦ロータリークラブ他。

 稲むらの火は、戦前の国定教科書や、光村図書出版の小学5年生の国語の教科書でも取り上げられている。人形劇公演と地震と津波から身を守るレクチャーを行うことで、子どもや保護者の防災意識を強めてもらおうというもの。「海に近く、活断層が多く存在する三浦地区や横須賀。災害が起こった時、自身をどう守るのか。子どもから大人まで分かりやすく、楽しめる人形劇。防災教育の面でも参考になるはず」と主催者は話している。

 時間は、午後2時から3時30分(開場は、午後1時30分・人形劇50分、防災の話40分)。対象は、三浦市内・横須賀市内に住む幼児、小学生とその家族。定員は、300人(先着順)。観覧希望者は、電話で申し込み。締め切りは、11月17日(土)。

 申込先・問い合わせは、YМCA三浦ふれあいの村(三浦市初声町和田3136)【電話】046・888・2100まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク