三浦版 掲載号:2012年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

伝統の踊りに魅了 菊名のあめや踊り

華麗な踊りに見入る来場客
華麗な踊りに見入る来場客

 三浦市菊名の白山神社例祭に奉納されてきた「菊名のあめや踊り」が24日、菊名の児童会館前広場で上演され、伝統の踊りに多くの人たちが魅了した。

 あめや踊りは、江戸時代の街頭飴売りが人寄せのために歌舞を演じたのが始まり。明治から大正の頃、飴を売りながら村々の青年に踊りを教え「あめや踊り」として神社の祭礼に奉納されてきたとされている。

 23日の予定が雨で順延された同踊り。伝統の踊りを見ようと、会場には多くの人が集まった。「白松粉屋」、「かきがら」、「新川」、「五段目」、「笠松峠」、「子守」などの演目が披露され、華麗な踊りに来場者は大きな拍手を送っていた。市内上宮田から来た夫婦は「踊り手に知り合いがいるので、主人に誘われて来た。主人は子どもの頃に見て以来、私は初めて。風情のある雰囲気でいいですね」と話していた。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク