三浦版 掲載号:2013年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

若手中心で上位狙う かながわ駅伝

1区を走る五十嵐選手(写真は昨年の大会 三浦市提供)
1区を走る五十嵐選手(写真は昨年の大会 三浦市提供)

 第67回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会が2月10日(日)、秦野市中央運動公園から相模原市の県立相模湖公園までの51・5Kmを7区間に分けて開催される。三浦市からも代表チームが出場する。

 市チームは昨年、大黒柱の柴内康寛選手が故障で欠場、若手主体のチーム編成で大会に挑んだ。ほとんどの選手が区間15位から20位以内という平均したタイムを刻み、大崩れすることなく最終的に16位でフィニッシュ。タイムも一昨年を上回る2時間52分01秒と健闘した。

 今年は、エース各の2名が故障で調整が遅れており、出場も危ぶまれる厳しい状況で大会に挑むこととなる。

 大澤克也監督は「厳しいチーム編成になると思う。高校生中心のチーム編成で、初出場の選手も多い。不安要素はあるが、ぎりぎりまで選手の状態を見て起用を考えたい。ベストを尽くすだけ」と大会への意気込みを語った。

 三浦市チームのエントリー選手は次のとおり。(敬省略)。

 柴内康寛(警視庁)、青山来夢(三浦市陸上競技協会)、内田航(追浜高)、松崎蓮(三浦学苑)、石井健登(鎌倉学園)、出口祐大(三浦学苑)、五十嵐大己(三浦学苑)、高梨龍斗(初声中)、小川原聡人(初声中)、佐藤晴美(三浦学苑)、星野直子(三崎中)。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク