三浦版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

癒しのつるし雛 みさ お婆ちゃんの作品展

作品の前に座る鈴木さん(CОCО提供)
作品の前に座る鈴木さん(CОCО提供)

 三崎銀座通り商店会の「ぷちスペースCOCO(杉山洋品店隣り)」で、色鮮やかなつるし雛が飾られており、通りを歩く人たちの目を楽しませている。

 このつるし雛は市内栄町に住む鈴木みささん(89)の作品。鈴木さんは、82歳の時、手先が鈍らないようにと娘さんの勧めからつるし雛作りを始めた。それまでは全く作ったこともなかったという鈴木さん。最初は教わる通りに作っていくうちに、すぐに夢中になったという。「思ったものがうまく形に出来るのが楽しくて」。作品は、魚やお地蔵様など多種多様だ。干支をモチーフにしたものなどもある。調子が良い時は、1日中作っているとか。「孫やひ孫が凄い、欲しいと言ってくれるのがうれしくてね」と顔をほころばせる。

 今は調を崩しつるし雛作りはお休み中とのこと。それでも、調子が良い時は、作りたくなる衝動に駆られる。「作りかけの作品がたくさんあるから早く仕上げたくて」と話す。

 作品の展示は、3月3日(日)まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク