三浦版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

日本に一時帰国中、市内ほかでコンサートを開催している 高見 信行さん ドイツ在住 初声町出身 33歳

感謝の思い演奏に込める

 ○…2003年10月にドイツへ渡って以来10年、ドイツのオーケストラに所属し活躍。初めて覚えたドイツ語は「ダンケシェーン、ありがとう」だ。人に支えられて今の自分があると話す氏にとって、最も大切な言葉として胸に秘める。ソフトな面持ちと爽やかな口調、気さくな性格からすぐに異国の地で受け入れられた。「仲間に恵まれ、充実している」。感謝の気持ちを演奏に代え伝える。 

 ○…4月下旬まで約1カ月間、日本に滞在する。期間中、サントリーホールでコンサートや市内でミニコンサート、学生向けの音楽指導など多種多様なスケジュールで日程はびっしり。4月8日は初声にある実相寺で演奏する。「生まれ育った三浦で演奏できることは一番うれしい」と話す。

 ○…小学4年の時、初めてトランペットに触れた。当時、自身を悩ませていたのは喘息。克服のために病院から勧められたのが吹奏楽器だった。トランペットを選んだのは、アニメ「天空の城ラピュタ」がきっかけ。演奏シーンを見て自分も吹きたいと思ったという。それをきっかけに習い始め、トランペット奏者を目指した。小、中、高までは順調に進んだが、東京藝術大学入学で失敗。1浪で入学した。「気持ちに甘さがあった。失敗したおかげで目覚めた」。浪人中は1日8時間、トランペットの練習に費やした。「2浪ならトランペットを辞めるという覚悟で1年間頑張った。家族の協力もあり感謝している」と振り返る。

 ○…ドイツでは、よくホームパーティーに招かれ、そこでお願いされるのが料理。「寿司、厚焼き玉子、肉じゃがなどリクエストが必ずくる。料理の腕は上達したよ」と笑う。身長170cm、体重は84kg。ダイエットとトレーニングを兼ねて、ドイツでは主に移動は自転車だとか。「今後は演奏者としてさらに技術を磨くと同時に、後進の育成のために指導者としての道も勉強していきたい」と前を見る。
 

三浦版の人物風土記最新6件

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

下里 芽依さん

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する

下里 芽依さん

6月8日号

鈴木 邦久さん

海南神社青年会の会長を務める

鈴木 邦久さん

5月25日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク