三浦版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

厳かに、伝統の包丁式

包丁と箸を使って魚をさばく「包丁式」の様子
包丁と箸を使って魚をさばく「包丁式」の様子

 「食の神フェスティバル」が7日、三浦市の海南神社境内で行われ、多くの人で賑わった。

 同フェスは、三浦の食文化の向上を願う祭りとして毎年行われている。

 神楽殿で行われた、四条古流家元の倉橋柏山氏による「包丁式」は、訪れた人の注目を集めた。包丁と箸だけを使ってマグロを捌く倉橋氏の技に終始見入り、多くの人が写真を撮っていた。中国雑技や面神楽の披露のほか、会場内ではまぐろ汁の無料配布や地場産のキャベツ、大根のプレゼントもあり、来場者を楽しませた。

 初めて来たという栄町に住む親子は「三崎らしいイベント。もっと広く伝えて多くの人に来てもらえるようになれば」と話していた。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク