三浦版 掲載号:2013年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の歴史 昭和館で企画展

展示パネルを感慨深く見るサポーターや訪れた人
展示パネルを感慨深く見るサポーターや訪れた人

 戦争の悲惨さと平和の大切さを伝える企画展「みんなで語り継ごう、戦前・戦中・戦後 平和への道程」が、チャッキラコ三崎昭和館で行われている。

 同企画展は、戦争の悲惨さなど戦争の歴史を次世代に語り継いでほしいと願い、昨年開催した企画展の第2弾。館内には、明治以降の戦争の歴史、三浦半島の砲台・飛行場・機銃陣地などのパネルや写真が飾られているほか、戦前・戦後の教科書、卒業証書、写真帳、武運長久寄せ書き国旗、千人針、勲章を展示。また、市内に住む戦争体験者が持つ貴重な資料も集められている。

 同館を運営するサポーターの山口勝会長は「間もなく太平洋戦争終戦の日を迎える。幸い半世紀を超える長期に渡り平和な日々が続いている。当然のごとく過ごしているが、戦争という歴史をもう一度振り返り、次世代に語り継ぐ機会にしてほしい」と話している。

 開催は9月1日(日)まで。入場無料。休館は水曜日。時間は午前10時から午後4時。詳細・問合わせは、チャッキラコ三崎昭和館【電話】046・882・3156まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク