三浦版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

三浦半島4市1町 首長が連携強化を確認 「サミット」を初開催

鎌倉市役所で会見した(左から)山梨葉山町長、吉田横須賀市長、松尾鎌倉市長、平井逗子市長、吉田三浦市長
鎌倉市役所で会見した(左から)山梨葉山町長、吉田横須賀市長、松尾鎌倉市長、平井逗子市長、吉田三浦市長

 三浦半島4市1町の首長が、地域の共通課題や活性化について話し合う「三浦半島サミット」が11日、鎌倉市役所で初めて開催された。今後は観光振興をはじめ様々な分野での連携強化を目指す。

 出席したのは、吉田英男三浦市長、吉田雄人横須賀市長、山梨崇仁葉山町長、松尾崇鎌倉市長、平井竜一逗子市長の5首長。

 初めての会合では、最初の話し合いのテーマを観光分野における連携強化とすることが確認された。「三浦半島」には年間1800万人が訪れる鎌倉や、豊かな自然といった観光資源がある一方で、渋滞対策や市域を越えた情報の提供や施設の利用などは進んでいない。今後はこうした課題を解決しつつ、相乗的な魅力の向上、地域の活性化を目指す考え。

 またこの日は地場産品を相互販売することや役所間の人事交流、医療分野での連携などについても意見が交わされた。

 「サミット」開催のきっかけは今年8月。吉田横須賀市長の呼びかけにより5首長が会合を持ち、連携強化を進めることが決まった。吉田横須賀市長は「三浦半島の周囲には横浜、川崎、湘南などブランド力の高い地域がある。少子高齢化が進み都市間競争も激しくなるなか、半島全体として魅力を高める必要があると考えていた」と狙いを話す。これまで4市1町の首長が定期的に集まる機会はほとんどなかったという。

 会長に選出された吉田横須賀市長は「スタートとしてはいい会合になったと思う。まずは観光が切り口だが、その時々の課題に取り組んでいきたい。ただ検討するだけでなく、決まったことを必ず実現できる会にしたい」と話した。

 吉田三浦市長は「これからは、広域連携は必要。観光を突破口に、将来的には行政間の連携もしていく必要があると考える。今回の行動を中途半端に終わらせるのではなく、発展させていきたい。オール三浦半島として取り組む必要がる」と考えを述べた。

 次回は来年5月頃に逗子市で開催する予定で、今後は年に複数回の会合を実施するという。
 

三浦版のトップニュース最新6件

主人公は「三浦の人」

写真集「南端」

主人公は「三浦の人」

4月20日号

“海のエビ天”三崎で発見

新種イソギンチャク

“海のエビ天”三崎で発見

4月20日号

いじめ根絶を明文化

三浦市

いじめ根絶を明文化

4月6日号

文科大臣表彰を受賞

はっぴー子育て応援団

文科大臣表彰を受賞

4月6日号

「民泊事業」届け出はじまる

国内初、冷凍まぐろ市場竣工

三崎漁港

国内初、冷凍まぐろ市場竣工

3月23日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新緑の森と道寸祭り

ガイドツアー

新緑の森と道寸祭り

5月27日~5月27日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク