三浦版 掲載号:2013年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

三崎臨海実験所 海洋生物標本などを公開 21日午後1時30分から

貴重な資料が揃う(前回公開時のもの)
貴重な資料が揃う(前回公開時のもの)

 東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所(三崎臨海実験所)は、海洋教育のための展示室を12月21日(土)に一般公開する。

 展示室には、三浦近海に住む海洋生物など、貴重な標本や写真など数百点にも及ぶ資料が集められている。研究員の浪崎直子さんは「多くの人から公開を希望する声をいただいている。準備等の問題から常時公開はできないが、できるだけ多く機会を設けられるよう検討していきたい」と話している。

 公開時間は、午後1時30分から3時。悪天候時は中止になる場合あり。見学無料。事前申し込みは不要。交通は、京浜急行三崎口駅から京急バス(三4系統)乗車15分、終点「油壺」バス停下車徒歩約3分(駐車場はないので公共交通機関の利用を)。住所は三崎町小網代1024。

 詳細は同実験所ホームページを参照。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク