三浦版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

三浦市チーム3位 三浦半島駅伝

ゴールする石渡選手(市提供)
ゴールする石渡選手(市提供)
 三浦市、葉山町、横須賀市内の全長36・9kmを5区に分けタスキリレーする「第68回三浦半島県下駅伝競走大会」が19日に開催され、三浦市チームは10チーム中3位(1時間59分13秒)に輝いた。

 また、4区(8・8km)を走った下里和義選手(小森コーポレーション)が26分05秒の区間新記録をマークし、区間賞に輝く活躍を見せた。

 入賞圏内から離れた位置取りについた前半のレース。1区、2区、3区ともに、やや苦しい展開となった。しかし、4区の下里選手が区間新の走りを見せ、一気に順位を3位に上げた。アンカーの石渡選手も3位をキープしゴールした。

 昨年大会では、主力選手の欠場や準備不足などの影響から検討及ばず8位に終わっていた。

 大沢克也監督は「レベルの高いレースだった。前半出遅れたが、各選手力を発揮し、3位という好成績を収めることができてよかった。次のかながわ駅伝でも、1つでも上の順位を目指していきたい」と話していた。

 優勝したのは、横須賀市Aチームで記録は1時間55分4秒。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク