三浦版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

渋滞緩和に向け交差点改良 2015年度中の完成予定

右折レーン設置が予定されている初声小学校入口交差点
右折レーン設置が予定されている初声小学校入口交差点
 市内初声町、潮風アリーナ近くの初声小学校入口交差点付近の道路改良事業が進められている。計画では、134号線上下線に新たに右折レーンが新設される。現在、そのための用地買収が進められており2014年度中の工事着手、15年度中の完成が予定されている。

 同事業は、現在計画が進められている三浦縦貫道路先行整備区間(横須賀市の林インターから三浦市内の高円坊集出荷場付近まで1・9km)に関連するもの。同区間の供用開始は、15年度中を予定している。

 先行整備区間の終点は、市道14号線に接続される。14号線は、国道134号線へのアクセス道路となっていることもあり、134号線に出る初声小学校入口交差点の交通量増加が見込まれることから改良事業が進められることとなった。計画では、右折レーン設置の他に、両側に3mの歩道も設けられ、歩行者の安全も確保される。

進む三浦縦貫道路整備計画

 三浦縦貫道路は、三浦市内の道路の渋滞緩和や観光交通の利便性と観光地としての魅力向上を目的に計画されている道路。最終的には、三崎口駅付近まで伸びる計画。現在は、横須賀市の衣笠から同市の林までの区間が開通している。初声小入口交差点付近は渋滞することが多い。事業を担当する県は「縦貫道路の供用が開始されると、さらに交通量が増えることが予想される。安全と交差点の渋滞緩和を目的にしたものなので、事業への理解をお願いしたい」と呼び掛けている。

三浦版のトップニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク