三浦版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

三崎小児童 昔の道具を学ぶ 昭和館で課外授業

山口さんの説明を聞く児童たち
山口さんの説明を聞く児童たち
 三崎小学校(大和信一校長)3年生の児童は14日、三崎のチャッキラコ・昭和館を訪れ、昔の道具などについて学んだ。

 同館には、昭和初期のかまどや火鉢、炊飯器など古い道具の展示や昭和初期の生活を再現した部屋がある。実際に古い道具を見て触れることで道具の移り変わりを勉強しようと行われた。

 当日は、かまどを製作した(有)左菊の鈴木一史さんも協力。かまどについて児童に説明した。電気の炊飯器しか知らない児童にとって、火を起こして炊くという鈴木さんの説明にメモを取りながら聞いていた。

 同館の山口勝さんが「スーパーでみるレジは昔はそろばんでやっていた」と説明をすると、児童は興味深そうに説明を聞いていた。山口さんは「すべてのものが便利な時代になった今、古い道具を通して、ものを大事に使うということを学んでくれたと思う」と話していた。

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク