三浦版 掲載号:2014年2月7日号 エリアトップへ

「よいしょ」と響く元気な声 子どもたち、餅つきを体験

掲載号:2014年2月7日号

  • LINE
  • hatena
餅つきを楽しむ子どもたち
餅つきを楽しむ子どもたち

 昔ながらのかまどを使って炊いた餅米で、餅つきなどを楽しむ「かまどdeもちつき」が2日、三崎昭和館で開かれた。三浦商工会議所青年部が主催した事業で、イベントを通じて親子、仲間とのコミュニケーションを深めてもらおうと行われた。

 当日、かまどに火が入れられると、珍しそうにのぞき込む子どもたち。餅米がのせられ、徐々に出てくる湯気に「熱い、すごい」と喜んでいた。炊き上がった餅米は臼に移され、子どもたちは「よいしょ」と元気いっぱいの掛け声とともに餅つきを楽しんだ。その後は、菓子の老舗嶋清の秋本清道さんらの協力で作られた餡子やきなこ餅を、子どもたちは口いっぱいにほおばっていた。小学3年の女子児童は「朝ごはん食べないで来たからお腹減った。今日はたくさん食べる」と笑顔を見せた。餅つきを体験した小学1年の男子児童は「うまくつけたと思う」と話していた。

三浦版のローカルニュース最新6

生産ロス削減に支援の輪

三浦初声高

生産ロス削減に支援の輪 教育

直売中止で販路に苦慮

5月29日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月29日号

豪州で日本語指導

豪州で日本語指導 社会

市が補助教員を募集

5月29日号

災害備え、バイク寄贈

三浦ライオンズクラブ

災害備え、バイク寄贈 社会

発足55周年記念事業で

5月29日号

震災復興願う“義援シャツ”

震災復興願う“義援シャツ” 社会

1着ごと500円寄付

5月29日号

コロナ禍で「苦渋の中止」

みうら夜市

コロナ禍で「苦渋の中止」 社会

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク