三浦版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

1月末から学童野球チーム「三浦シーガルズ」の監督をつとめる 蛭田 岳志さん 南下浦町在住 44歳

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

野球の楽しさを伝えたい

 ○…「引き受けるべきか迷ったが、私がやらなければという気持ちのほうが上回った」と当時の心境を語った。昨年末、三浦シーガルズは存続の危機にあった。代わりの監督が見つからなければ、チームの存続に関わる問題となる。子どもたちにも動揺が走った。誰か監督を引き受けてくれる人はいないか、子どもたちは一生懸命探した。そこで白羽の矢が立った。自身も子どもの頃に所属していた。「チームが消滅するかもしれないと聞いたとき、寂しさを感じた。自分が役に立つなら」

 ○…少年時代から今も野球を続けている。「凄くうまいわけではないよ」と笑う。三浦シーガルズは小学2年の時に入った。当時は「サッカーより野球」と振り返る。友達と一緒に入部。「野球の楽しさを知ったのもその頃かな」。高校の時、部員不足で試合に出られない時期もあったという。それでも辞めなかった。なぜ続けてこられたのか。「立派なことは言えないけど、ただ好きなだけだよ」

 ○…「子どもたちに教えるというのは本当に難しい」とうつむく。指導者としての立ち振る舞いに少し戸惑いも。「基本の指導を心がけている。そして楽しくないと続かない。野球が面白い、と感じてもらうことが大事」と、今までの経験を糧に指導にあたるという。メンバーは小学1年から6年生まで。実力はもちろん、意識の差は年代で違う。「バランスをとるのが難しい」と明かす。それでも引き受けたからには全力で臨む、これが本心。

 ○…横須賀市役所に勤務。練習は土・日曜日。自分の時間はなさそうだが「充実している」ときっぱり。小学三年の息子はサッカーをやっているとか。「スポーツをやってくれれば何でもいいよ」と苦笑い。野球を通して協調性や気遣い、思いやりの心を育んでほしいと願う。「私も野球を通じて多くを学ぶことができた。その恩返しかな」と前を向く。

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook