三浦版 掲載号:2014年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

達筆な作品に感嘆の声 書展に多くの人出

作品に見入る来場者
作品に見入る来場者
 楷書や行書、草書など書の作品を展示する「さかえ書道教室書展」が7日から9日まで勤労市民センター開かれた。今年で23回目となる書展。教室に通う小学1年生から80代の26人の生徒による100点の作品が展示された。

 毎年ひとつのテーマを設けて開催している同展。今年は「実のなる木」をテーマに「柿」、「柚」、「桃」などの作品が展示されていた。洗礼された作品の数々に来場者は立ち止まり「バランスが良くて見ていて気持ちが良い、迫力のある力のこもった書ばかり」という声が聞かれた。毎年作品を見に来ているという土橋さんは「年々上達していく作品は見ていて和む。どの作品も達筆で素晴らしい」と話していた。教室を運営する榮貴代さんは「毎年多くの人に見てもらうことで、生徒も目標ができている。これからも開催していきたい」と話していた。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク