三浦版 掲載号:2014年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

昔の道具を学ぶ 南下浦小児童、昭和館を訪問

児童に説明をするスタッフ
児童に説明をするスタッフ
 昔のことを調べる授業の一環として、南下浦小学校(森カヨ子校長・児童数142人)3年生の児童19人は17日、三崎のチャッキラコ昭和館を訪れた。児童は、昭和の生活や暮らしぶりを再現している同館で、古い生活用品などの使い方や歴史を学んだ。

 特に児童の関心を惹いたのが足ふみ式のミシン。「足と手を同時に動かして編んでいく」と同館スタッフが説明すると「難しそう」と児童は珍しそうに見ていた。

 その他、レジスターの前身の銭箱やダイヤル式のテレビなど、ほとんどの展示品に児童は興味を示していた。同館スタッフに、取り扱い方やいつの年代まで使っていたのかなど、様々な質問をしていた。

 同館の山口勝さんは「今ある便利な電化製品は、突然できたわけではなく、時代によって進化してきた。古いものから学ぶことはたくさんあると思う」と話していた。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新緑の森と道寸祭り

ガイドツアー

新緑の森と道寸祭り

5月27日~5月27日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク