三浦版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

厳かに奉納 郷土芸能「いなりっこ」

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 様々な面を付けた子どもたちが、太鼓や笛の音に合わせ踊る―

 郷土芸能「いなりっこ」が11日、三崎の海南神社神楽殿で奉納された=写真。

 「いなりっこ」は、大人が踊る三浦市指定重要無形民俗文化財「面神楽」の子ども版。踊りにセリフはなく、終始声は出さない。指先から足の先まで全身を使い、様々な表現をする。その繊細な踊りが特徴。

 午前中、雪がちらつくほどの寒さにも関わらず、子どもたちは迫真の踊りを披露。国固め、湯立て、他の演目を踊った。

 神楽殿の周りには、ポーズが決まる場面を携帯やカメラに収めようとする人たちで賑わっていた。

三浦版のローカルニュース最新6

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

桜木町で踊り三昧

入場無料

桜木町で踊り三昧 文化

10月27日 「舞と響の祭典」

10月18日号

新日の藤沢大会

11月16日

新日の藤沢大会 スポーツ

20人招待

10月18日号

「インフルエンザ」最新情報

「インフルエンザ」最新情報 社会

10月29日 (火) 桜木町で講演会

10月18日号

”こどもガイド”が三崎案内

”こどもガイド”が三崎案内 社会

27日にウォークラリー

10月18日号

子ども囲碁・将棋大会

白秋しのび創作

白秋しのび創作 文化

短歌・俳句大会

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク