三浦版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

スポーツ傷害の対応を学ぶ 子どもや保護者が受講

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
正しいテーピングを学ぶ参加者
正しいテーピングを学ぶ参加者

 怪我をしたときの処置のひとつ、テーピングやアイシングの正しい知識と技術を学ぶ講習会が15日、南下浦中学校体育館で行われた。

 これは、子ども達や保護者、部活顧問等がいざという時のために学んでもらおうと同校バレーボール部顧問の田子友子さんの呼びかけで開催された。講師を務めたのは、テーピング等の販売からスポーツ傷害予防などの講習会を開いている(株)クレーマージャパンのスタッフ。

 講師は、怪我をした時の対応方法としてまず、どのような状況で怪我をしたのかの把握、患部を見る、腫れ具合や熱を持っているかなど触って状態を確認の3つをあげ、適切な処置にあたることを説明した。

 次に、アイシングの方法を解説。生徒がモデルになり実践。参加者から「アイシングの時間はどのくらい」という質問に「人にもよるが15分から20分位」と回答、聞いていた参加者はメモに書き留めていた。

 テーピングの実技では、突き指を想定し、各自で講師の指導のもと行われた。田子さんは「正しい知識を知ることで、万が一怪我をしても最小限に抑えることができればと思いこのような講習会を企画した。改めて知ったことや、確認できたことが多くあった。今後に活かしていきたい」と話していた。

三浦版のローカルニュース最新6

白紙撤回求め、陳情

【Web限定記事】市立小学校統廃合計画

白紙撤回求め、陳情 教育

2104人の署名提出

3月5日号

ふるさと福島を追われて

東日本大震災

ふるさと福島を追われて 社会

褪せぬ記憶と望郷の念を聞く

3月5日号

子ども料理教室

親子で野菜をつくろう

親子で野菜をつくろう 社会

農業体験講座

3月5日号

善意の食品寄付

仏花アレンジ講座

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク