三浦版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第60回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena
毘沙門洞窟のひとつ「立入り禁止」の札が掲げられている
毘沙門洞窟のひとつ「立入り禁止」の札が掲げられている

 「白浜」を想わせる砂浜を歩いて行きますと、今まで、岸に迫っていた山際が少し後退しているところに出ました。草木が茂って砂浜へと続いています。そのようなところに洞窟がみられました。草木を払いながら近寄って見ますと「立入り禁止」の札がついた網が張ってあります。手前の方に看板がありました。平成22年2月に、「神奈川県教育委員会」と「三浦市教育委員会」が設置したものでした。それには「神奈川県指定史跡」として、「毘沙門洞窟弥生時代住居阯群」とあり、昭和35年(1960)11月4日指定されたとあります。その説明文を、少し長いですが、全文紹介しましょう。

 「これらの海蝕洞窟は、弥生時代から平安時代まで住居、墳墓として利用されたものです。この洞窟からは、おもに弥生時代の漁撈(ぎょろう)技術を物語る鉄、青銅、鹿角製の釣針、鹿角製の銛(もり)などの漁撈用具、アワビ貝で作った貝包丁(ほうちょう)などの農耕用具、腕輪やかざり棒などの装身具類が出土しています。当時の人たちがこれらの漁撈用具などを使用し、取った貝や魚、また獣類の骨も多量出土して、出土遺物は種類、数量ともに豊富で当時の生活を知るうえで貴重な遺跡です。さらに、鹿の骨を焼いて吉凶を占った「卜骨(ぼくこつ)」が出土した遺跡として知られています。なお、弥生時代から平安時代にかけて、とくに平安時代には墓地として使われたようで、埋葬された人骨も発見されています」とあります。なお、文中のルビは筆子がつけたものです。説明板の左下には「卜骨」の写真もついています。

 他の文献によりますと、この付近の海岸を「南りっぱの浜」と呼ばれているところで、近くの崖地に四つの海蝕洞穴があって、西側からA、B,C,D洞穴と言われ、中でもC洞穴が最も大きく、入口は幅11m、奥行は約20mほどあるという。最も小さいD洞穴でも入口の幅は5m、奥行は8mというのです。

 山際の岸辺を通って、毘沙門港へと向かいましたが、その磯道は用心が必要な道程でした。満潮時や高波のときは特に注意して通らねばならないようです。ようやく前方が開け、大きく入り込んだ入江が眺望できました。海に面して、「毘沙門バイパス」の広い道が、港を回るような形で宮川方面へ登りながら続いています。岸際には海鳥の群がゆったりと波に揺(ゆ)られている風景も目に入ります。毘沙門児童公園の隣り、漁協の裏手に真新しい鳥居が見られます。「龍宮神社」です。立派な石造りの祠があります。

 道中の無事を祈願して、来た道を戻り、急な坂道を上がって、路線バスの通る県道215号線へ向かいます。

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook