三浦版 掲載号:2014年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

三浦一族について調べている、三浦道寸研究会の 安達 則子さん 三崎町在住 63歳

心に火を付けた三浦一族

 ○…昔から歴史に興味があったわけではなかった。きっかけは、事務所兼住まいから見える小さな山だった。畑の中にポツンとあるそれは違和感と不思議さに包まれていた。「あれはなんだろう」。疑問に思ったことは調べないと気が済まない性格が、探求心に火を付けた。近所の農家に、刑事さながらの聞き込みを開始。それは義士塚だった。約500年前、三浦一族がここで滅びた名残だと知った。「新井城に籠城し約3年も北条氏と対抗した三浦一族最後の首領と言われる三浦道寸。人間像について興味を持った」

 ○…出身は新潟県。大学卒業後は中学校の数学教師に。1年間務め退職。建築設計・デザイン関係の職に就くことを目標に、インテリアコーディネーターの資格を取り、大手住宅メーカーに就職した。約2年間営業を務めた後、初めてモデルルームのインテリアコーディネートを任され、力が認められた。その後2級建築士の資格を取り、活躍の場を広げた。

 ○…1995年に独立。自然素材にこだわった家づくりをコンセプトに事務所を立ち上げた。ハイキングで油壷周辺に来たとき、風光明媚な雰囲気を気に入り、ここで仕事がしたいと強く思ったという。「三浦一族にのめり込むことになったことは運命」と笑う。

 ○…三浦道寸研究会を2010年に仲間とともに立ち上げた。情報が入ると各地に出向き、三浦一族について調べを進める。目で確認を信条とする。仕事と同じくらい力を入れるようになる。三浦道寸直筆の文面に「のびのびとした平仮名できれい。やさしい人だったのかな」と思いを馳せる。子どもたちは独立、夫とふたり暮らし。夫も活動を支えてくれているという。「全国的にメジャーではないが、三浦市の名前の由来にもなった三浦一族のことを多くの人に知ってもらうのが私の役目かな」と優しい表情で窓越しに見える三浦の自然に目をやった。

三浦版の人物風土記最新6件

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

下里 芽依さん

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する

下里 芽依さん

6月8日号

鈴木 邦久さん

海南神社青年会の会長を務める

鈴木 邦久さん

5月25日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク