三浦版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

海上生簀等整備に向け前進 2事業に交付決定

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

 県が4月に創設した「新たな観光の核づくり等促進交付金」(総額1億円)の獲得に向けた事業のプレゼンテーションが先月23日、県庁で行われた結果、三浦市は「海上イケス釣堀整備」と「アウトドア島の駅整備」の2事業に3千万円の交付が決まった。市は、事業の実施に弾みがつくと期待を寄せる。

 この交付金は、新たな観光の核づくり構想等、県内の地域プロジェクトを推進するために先導的な役割を果たすと認められた事業に交付されるもの。中々進まない事業の実施を促進させるのが狙い。プレゼンには、新たな観光の核づくり構想認定の3地域をはじめ、県西地域で活性化に努める地域プロジェクトなど16市町村が参加し三浦市など8市町の事業が採択された。

 市がプレゼンしたのは、城ケ島の豊かな自然を活かし、地元と協力企業の連携で新たなアクティビティ体験等のイベントの開発や実施するうえで掲げた事業の中の「J’sフィッシュ(海上イケス釣堀)整備」、「アウトドア島の駅整備」、「サイトボード(観光案内版)整備」の3つ。そのうち「J’sフィッシュ」と「アウトドア島の駅」が採択された。

 「J’sフィッシュ」は、城ケ島の東側に海上イケスを整備する計画。近隣の飲食店と連携することで、釣果を調理し飲食を可能にしようというもの。「島の駅」は、島のインフォメーションや協力企業によるアウトドア情報の発信、地元産品の直販所機能を備えるアウトドア島の駅を県城ケ島第4駐車場に整備する計画だ。

 市観光商工課は「資金調達の面でスムーズに進まなかったが、今回の採択を受け事業を促進させることができる。実施に向けてこれから協議を加速させていきたい」と話している。

三浦版のトップニュース最新6

寺子屋で「もっと身近に」

三戸福泉寺

寺子屋で「もっと身近に」 社会

街に開かれた場めざす

1月21日号

29日から3回目予約

ワクチン接種

29日から3回目予約 社会

2月1日に接種開始へ

1月21日号

マリンパーク跡にキャンプ場

マリンパーク跡にキャンプ場 社会

油壺地域の活性化めざす

1月7日号

官学民連携で食の魅力発掘

官学民連携で食の魅力発掘 社会

レシピ集化をめざす

1月7日号

市民生活と地域経済守る

市民生活と地域経済守る 政治

新春市長インタビュー

1月1日号

地元舞台作品を初監督

小網代出身松倉さん

地元舞台作品を初監督 文化

2月公開めざし制作

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook