三浦版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

メキシコと「鮪」交流 大使館で三浦の食を披露

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena
まぐろを味わう大使館招待客ら
まぐろを味わう大使館招待客ら

 三崎まぐろラーメンズ他有志ら20人は20日、メキシコ大使館(東京都永田町)を訪れ、アルマンド・アリアガメキシコ臨時代理大使らに三崎まぐろや三崎まぐろラーメンなどを振る舞った。三浦の食や文化を披露し交流を行った。

 今回の大使館訪問は、アリアガ臨時代理大使らメキシコと交流のある三崎で飲食店等を経営する朝倉久さんの縁で実現した。「メキシコのアグアスカリエンテス州は4年前から神奈川県と友好都市関係を築きたい意向を持っている。政治的な部分は専門家に任せ、民間の立場からお互いの親交を深めていこうと考えた」と朝倉さん。ラーメンズをはじめこの交流に賛同した有志らによって訪問が実現した。

 木遣の披露では、館内に響く独特の発声とリズムに大使館関係者も終始聞き入り、終わると大きな拍手が沸き起こった。鮪の解体ショーでは、職人の華麗な包丁さばきに携帯で写真を撮る人も。そして、切り出された大トロにアリアガ臨時代理大使は「美味しい」と日本語で答え笑顔を見せた。その後、大使館に集まった招待客にまぐろ丼や三崎まぐろラーメンが振る舞われ、食を介して三浦とメキシコの交流が和やかに行われた。

 アリアガ臨時代理大使は「今回のような三浦との交流は、絆を深める一歩にしたい」と語った。日本に来て約40年という招待客の一人は「今ではメキシコでも寿司は人気。来日当初、生ものは食べられなかったが、現在は一番好きな食。今日は最高に旨いマグロを食べさせてもらった」と語った。

三浦版のトップニュース最新6

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook